テッペイの株式投資ブログ

就活・個別株投資・資格(TOEIC,簿記)について発信します!

【個別株投資】2/4〜 注目銘柄2選(スイングトレード)

f:id:investor_1995:20240204195822j:image

こんにちは、テッペイです!

 

先週は、ブログで紹介した本の基準で選んだ銘柄の成績が好調でした!

 

ブログはこちら↓

 

これらの銘柄は引き続き、押し目のタイミングで狙っていきたいと思います。


さて、本日はスイングトレードにおすすめな、2月第1週の注目銘柄を3つ紹介していきたいと思います。(スイングトレードとは、数日~数週間の間に売買を完結させる売買手法のことです。)

 

それでは、どうぞ!

2月第1週 注目銘柄2選(スイングトレード銘柄)

1.マクニカHD

以下のチャートは2/4の日足チャートです。

f:id:investor_1995:20240204200448j:image


選定理由①チャート◎

好決算発表からの上昇トレンド入り後、中期移動平均線に反発しながら上昇を続けていますが、再度中期線に出来高を伴う陽線がタッチし押し目を作っています。

 

ローソク足とチャートの関係性については、以下の記事でも解説しています。


選定理由②好決算


1/29に発表した3Qの経常利益の決算内容は、前期比-29%という決算でしたが、通期目標は前期比+10%を見込んでいます。

実際、決算直後は出来高を伴う十字線をつけており、売りと買いが拮抗している事がわかりますが、出来高もかなりついており注目度が高い事がわかります。

 

選定理由③出来高◎


ローソク足の下部にある日毎の出来高を見たところ、決算発表後に大幅な出来高の増加が認められるものの、高値圏で出来高が急増している場面はりありません。

高値圏で出来高が急増した大陽線あるいは大陰線が出た場合、実はほとんどの投資家がその銘柄に限界を感じて売却していると考えられますが、この銘柄はまだその様な場面はありません。従って、今後も上昇する可能性は高いと考えられます。

 


また、価格帯別出来高(チャート中で右から左へと伸びている、その価格帯でどの程度出来高がついたかわかる指標)を見ても、現在の株価より低い価格帯で出来高がついていることから、ここからの上昇が期待できます。

 

また、7500円後半は価格帯別出来高がかなりついていますが、この価格帯で反発の兆しを見せている点も◎


出来高と値動きの関係については、以下の記事で詳しく説明しています。


2.KLab

以下のチャートは2/4の日足チャートです。

f:id:investor_1995:20240204201847j:image


選定理由①チャート◎

カジュアルゲーム参入というニュース発表からの高騰後、しばらく下落した後、再度ローソク足が切り返しており、短期線に陽線がタッチ。

 

選定理由②出来高◎

出来高を伴わない陽線の場合、騙しの場合も多いですが、金曜日の陽線は出来高をかなり伴っており、騙しではない可能性が高いです。

また、価格帯別出来高は350円台で多くついていますが、ここを超えていければ更なる上昇が見込めます。


まとめ

スイングトレードにオススメの、2月第1週の注目銘柄を2つ紹介しました!

 

実際にトレードした結果は定期的に記事にして、以下の様に振り返るようにしています。



最後まで見ていただき、ありがとうございましたm(__)m

この記事が面白かったという方は、「読者になるボタン」か「スターボタン」をよろしくお願いいたします。